アルバイトをする時の身だしなみ

昔は茶髪やピアスのイメージがそれほど良くなく、どちらも禁止されているアルバイトが数多くありました。しかし最近は時代も変わり、どんなアルバイトでも比較的、髪型やヘアカラーにはそれほど細かい注意をされることは少なくなっています。レストランのウエイトレスやウエイターの仕事は、お客さんの前に出る仕事ということもあり、明るすぎる髪色や不衛生という理由でネイルが禁止されている場合があります。コンビニやスーパーなども同じことが言えます。またピアスなどアクセサリー着用禁止のこともあるので、自分が当てはまりそうな場合は働く前に確認しておきましょう。職種によっては、私服のまま働く仕事もあるので注意が必要です。エプロンや上着の制服の貸し出しのみで、ズボンや靴は色の指定を受けて自分で用意しなければいけない仕事もあるので覚えておきましょう。

逆に比較的禁止事項が少ないと言えるのが、テレフォンオペレーターなどお客さんと直接会わない仕事です。アパレル系のショップも、お店の商品を良く見せるためにむしろネイルやアクセサリーで身なりを綺麗にして欲しいということもあります。ブランドイメージによっても異なりますので、事前にお店の雰囲気などを確認しておくのが良いと思います。「髪色自由。ネイルOK」と求人に書かれている職場もありますから、しっかりチェックしておきましょう。

しかしどんなアルバイトでも、面接のときの服装や髪形には気を遣い、質問に対する受け答えはしっかりしましょう。少しずるいことかもしれませんが、最初は大人しくしておいて、慣れてきたら周りの先輩の様子などを見て、服装や髪形を変えていくというテクニックもあります。

Leave a Reply